スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家計簿 

住居費を補うために、家計簿をつけることにした。
http://www.eases.jp/product/ukiuki/ukiuki.htm
↑これ、フリーなのになかなかいろいろできてよさげ。

で、早速、本日7月期分の収支を確認してみた。
給与の支給にあわせて毎月24日締で計算するが、
今月は交際費がすでに30000円を超えていることが判明。
2週間で6日間飲んだだけでこんなになるんかいwww

今月・来月と、
引越がらみで手取りが普段より2割ちょっと少ないため、
収支は確実に赤だろうなぁ。。。
残業時間を勘定すれば話は別だけど。

賞与には出来るだけ手をつけないようにしつつ、
家計簿をつけながらお金の出入りをしっかり見張るべし。

スポンサーサイト

副都心線狂争曲 

先週土曜日に副都心線が開通したらしい。

で、今週が最初の平日になるわけだけど。。。


まぁ、なんといいますか。


電車遅れすぎなんですがww


最初だし、副都心線が遅れるだけならまだ分からなくはない。
しかし、一部線路を副都心線とシェアしている有楽町線まで
激しく遅れるもんだから、なんともたちが悪い。。。
おそらく、タイミングを合わせるとかなんとかで、
他の路線にも影響はあるんじゃないかとも思うわけだが。

メトロのページを見てみれば分かるとおり、
朝の有楽町線が20分以上の遅延を起こしたのって、
過去1ヶ月見てもほとんどなかったんだよね。。。
それが、副都心線が開通してからは、平日の発生率は100%ww
まぁ、まだ2日だけどね。

これまでも十分に込み合っていた都心の地下。
副都心線は、くもの巣のように張り巡らされた他線の間をぬうように
線路が敷設されているらしい。
起伏が激しい上に、この線は利用客が極めて多い事が容易に想像される。
乗車率が200%を超えるような重い車両が起伏の多い線路を走る。
人間4名+荷物を乗せた軽自動車で起伏の多い道を走ると、
加速が悪くてブレーキが利かなくなり途端に運転が難しくなるが、
同様に、副都心線車両の速度調整も難しくなる事は想像に難くない。
普通に走るだけでもなかなか無茶なように思えるなぁ。
もはや東西線も副都心線には勝てない予感www

まぁ、昨日・今日の遅れは↑が理由ではないようだけど、
この先今の混雑がいつまで続くのかと考えると、怒りを通り越して落ち込むわ。。
せっかくなけなしのお金を積んで引っ越したってのに。。。

きっと、あの会社はそんなのは承知の上で、開通させたんだろう。
同じ人数しか運んでいないはずであるにも関わらず、
ダイヤの乱れが(したがって、乗車率の高さも)ここまで酷くなるとはね。
これまで平穏な生活をしていた身としては許しがたい
ってことで、東京メトロよ早く何とかしてくれ!

とりあえず、
小竹向原←→和光市間の相乗りの状態を早々に解消するべし。

見逃すべき心のゆらぎ 

今日は会社の同期の面々と夕食。

前回行ったのは寮を出る数週間前だから、
本当に久しぶりだなぁという感じだった。
ついでに、前回同期とお酒を交えて騒いだのは、
もはやいつだったか思い出すこともできないw

急な仕事が多くて本来の仕事が進まず、体は少々お疲れ気味
(まぁ、引越先のベッドが硬く、疲れが抜けないのもあるけど)。
プライベートでもいろいろと思うところがあり、心労もたまり気味。
こんな風に、心身ともにやや疲れ気味であっても、
こういうところで楽しい時間を送ることにより、
また明日から頑張ろうという気持ちになれる。

秋葉原で大惨劇を起こして逮捕された男の言葉ではないが、
やっぱり結局は「人」なんだよなぁと思わずにはいられない。
私は生きているわけではなくて、
いろいろな人たちによって生かされているなぁ、ってね。
受身(≒ややネガティブ?)なニュアンスが全面的に出ているが、
それは決して誰も否定のできないものなのではないだろうか。
家族をはじめ、プライベートの友人、それと会社の同期、他の皆々様。
ホントに感謝してます。あざ~すw

以下、実験データの解析とか統計処理を行ったことのある人には、
すぐに納得してもらえると思うけれども;

短いタイムスケールで考えれば、
生きている以上は好調不調の波は誰にだって必ず出てくる。
でも、それも長いタイムスケールで考えることにより、
「何かどうでも良いことで思いつめてるなぁ」と思える程度のもの。
稀に突出したものもあるけれど、それもゆらぎのごとく消えるもの。

常に自分を客観的に見る事が必要。
という、この言葉はよく聞くけれど、私の頭のレベルでは理解できない
要は、自分のことも他人事のごとく軽く考えるいい加減さが、
大事なんだと言っているんだよね、きっと。

そんなことを考えた、本日の帰り道。

足首リハビリ関係(続) 

この週末、フットサルをしていてまた捻挫をしてしまった。
今回はとにかく早く流水で冷やし、テーピングで仮固定もしたので、
まぁ1ヶ月もあれば回復するだろうと思っている。
以前書いた捻挫の応急処置の方法を実践した。

ところで、今日会社の診療所で足を見せたところ、
「もう内出血は止まっているから、今後は幹部を温めるように」と言われた。
気になってしょうがないので、その理由を調べてみた。

最初に結論だけ書くと、次の通りになります。
 ・冷やすのは、炎症を抑える最初の3日間
 ・温めるのは、回復を促進するための4日目以降
 ・お湯につけて痛くなければ、もう温める時期に入っていることが多い


以下、詳細は読みたい人だけ。
あるいは、一度でも理屈を知ることにより、
仮に忘れても記憶をたどってすぐに思い出すことができます。

続きを読む

自転車出勤 

本日、念願の自転車出勤を敢行した。
都心の朝は、交通量も歩行者も多くて、
進みにくいことこの上なかった。

いつでも、状況に合わせて頭の悪いことを考えたくなる。
「自転車だから終電は関係がないよねw」ということで、
ハリー氏と台場の某所で午前3時頃まで遊んでいた。

で、今ようやく帰宅。
6月ということもあり、空はもう白み始めている。
さすがに深夜に1時間半も自転車をこぐのは、
なかなかしんどいかった。しかし同時にいろんな発見もあった。

とりあえず一つ挙げてみると、
朝3時で部屋の明かりの消えていない会社って、
思ったよりもかなり多いってこと。
某U社はもちろん(?!)、みかかD社、S商、B産、MNSB、エトセトラえとせとら。
みんな仕事が大好きなんだなぁ、きっと。
私には信じられない。

あ、そういえば、
明日は11時半からサッカーがあったような気がする。
ネットで遊ぶのはやめて、寝なきゃ。。。

寝すぎ。。 

大学の友人と夕食&徹カラをした、
その帰りの話。

先週はいろいろしててろくに寝られなかった後の徹夜。
乗り換えのために起きられる自信がなかったため、
JRを避けて、
伊勢崎線→半蔵門線→田園都市線のルートで帰ることに。

が。

電車に乗った時間が5:40。

乗車後まもなく爆睡モード。
右へ左へ傾きながら、時々倒れて目を覚まし、
今いる場所を確かめて、そして再び爆睡へ。

そんなことを何度か繰り返し、
ふっと気がついたら、
目の前にはついさっき見たような風景が。

そうなんです。
まぁ、皆様ご想像の通りかと思いますが。

どうやら浅草行きの電車に乗っていたところ、
そのまま乗り過ごして最初に乗った駅に戻ったようで
伊勢崎線のほとんどが浅草行きと知ったのは
その直後だったりする。
終電で何度かやったことはあったけど、
朝早い電車でやったのは初めてだわ。。。

最初に電車に乗った駅で、
再び都心方向に向かう電車に乗ったのが確か7:00頃。

あまりの眠さに、
同じ轍を踏むのではないかとの不安と戦いながら、
というか、電車内で倒れないようにしながら、
帰宅に向けて再チャレンジ。

北千住と北越谷を間違えて途中下車するという
おバカな行動もしちゃったけれども、
途中下車がてら直通電車に乗り換え、その後どうにか生還。

結局、
JR利用時の3倍、同線通常利用時の倍程度の時間を
無駄にしてしまった。

どうしてこうなっちゃったのか、
いろいろな観点から検証する必要があるな。

ハルジオン 

この歌、カラオケに行くと時々歌います。

目の前にある、
あって当たり前だった何かを失う事が必ずある。
でも、失った後には、新しい何かが必ず始まる。
今まであったものが大きくて見つけられなかった「新しい何か」は、
ずっとずっとそこにあった、とても大切なもの。

生きていくって、結局はこんな事の繰り返し。
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」
って平家物語の冒頭でも述べられている話なわけで、
中学生すら知ってるはずなんだけどね。

今あるものを失う度に落ち込んでちゃ、心も体ももたない。
だから、時々この歌詞を自分に言い聞かせてる。。。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。