スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脆弱性攻撃 

ハッカーっていいですよね。
世間ではコンピュータ業界の言葉と思われてるようですが。

いろいろな書籍を見ている感じでは、
分野に関係なく、既存の手法・技術とは一線を画した方法で、
問題を解決する人たちのことを指すらしい。

「ハッカー」という言葉とタイトルの関係?
私がそういうことをするわけではなくて、
そういう話を延々とつづった本があるってだけの話。
「クラッカー」ではない。
なので、悪いことにはきっと使わない。
あくまで「きっと」だけどw

帰省中、地元の書店で見つけたハッカー本
マシンに近い部分もかなり詳細な説明がなされている。
仕事柄、普段はなかなかH/Wを意識することがないため、
慣れていない用語やら概念が頻出して正直かなり難しい。
けれど、ちゃんと書かれているので、
今のところは楽しく読めてます。

年末年始を利用してピッケル本(上巻)には目を通したので、
DBの勉強と並行して、今後はこのハッカー本を読んでいこうと思う。
しばらくは、DQとFFはおあずけ。。。

スポンサーサイト

週末、読書。。 

この週末は、連戦で痛めた肝臓を癒すため家でおとなしく静養。
ワッキーの地名しりとり(2)完結編 (ペナルティワッキー、105円w)と、
「分からない」という方法(橋本治、315円)を読んだ。

前者は、安くなったら買おうと思っていた本。
字も大きいし一気に読めた。エピソードが盛りだくさん。
ニアミスを繰り返す不幸な芸人ワッキーを笑ってみたり、
出てくる人の話を読んで思わずもらい泣きしてみたり。
たくさん元気をもらった。
人付き合いの苦手な私、ワッキーが羨ましいなぁと思った。

後者は、「分からないことは悪だ」という、
私の固定観念を払拭するきっかけになるかもと思い、購入してみた。
「調べれば分かる時代は20世紀で終わった」と繰り返し書かれてたど、
私の読解力不足か、それが一体どういう事なのかが分からなかった。
が、そこを認めてしまえばあとは「あぁ、なるほどね」という内容。
直感でふっと浮かんだ何かを主張し、論理的な辻褄合わせは後付、
っていう私が陥りがちな手法もどうも捨てたもんじゃないみたいw
しかし、大胆と無鉄砲は紙一重なわけで、私は後者な予感。。
それから、「忘れること」に関する理屈には、勇気付けられたかも。
分からないことのポジティブな面が垣間見えた気がして良かった。

さて、次は何を読もうか知らん。。。
九州遠征の移動中に読めるように、何冊か仕入れておかなきゃね。
言動不一致に思えてならない首相の新書はぜひ一読したいが、
土岐市のブックオフでは中古が見つからない…
あとは、春の試験に備えて、ソフ開の教本でも買おうかね。。。

年末年始で 

読む本を何冊か、土岐市内のBook Offで買ってきた。
速読は練習中なので、年末年始用にしては少々買いすぎたような気もする。
しかしまあ、ねぇ。。。

オリエンの忘年会の前に買ったシェリングの「学問論」は、
私の頭ではまるでついていけない。何かを論証してるはずなんだけど…
主張っぽい箇所やキーワードっぽい言葉のあるページに
しるしを付けたりして、内容の把握に努めてるけれどなぁ…全然あかんです。
さっぱり無理無理(100回繰り返し)。。投げちゃおうか知らんw
いやいや、夢の世界への通行手形として使うことにしよう

で、今日買ったのは3冊。合計1050円。ちょっと奮発しすぎた。。orz

1冊目は、「色の秘密」という本。サブタイトルが「最新色彩学入門」だってさ。
修論発表のプレゼン造りに生かせればと思って買ってみた。
流し読みでもう半分くらいまでは終わってしまってるんだけどね。。
今まで私は、「色」は400nm~800nmの波長を持つ電磁波がその正体で、
何か色相環ってのが面白かったよなぁ、という程度の認識だったんだけど。。
人という小さくも複雑なシステムは、「色」にすごく影響を受けるらしい。
逆に、その人の特徴は「好きな色・嫌いな色」にも現れる、とも。
好きな色が表す個人の性格と適職、色を使った相性診断、
色と人間の成長・老化の関係、服の色が人の気分に与える影響、
それを応用して部屋の模様を決める・服装を選ぶ、などなど。
正直、胡散臭さ満載なんだけど、こういうものの見方も楽しいもんだなぁ

あとの2冊は、小説「聖書」旧訳篇の上・下。
そのうちJudasの福音書を読むときの伏線を張るのに役立つのと、
洋書やその和訳の小説を読む時に話にスムーズに入れるようになりたいのと、
二つの理由からこの手の本は読んでおくと良いと思い購入した。
こいつらはまだ全く手付かず。否、手付けず。
まあ、修論発表までに上下が読み終われればいいや。

そういえば、去年の冬休みは風邪のために安静にしていたんだけど、
その時にはヤバい経済学を読んでニヤニヤしてたっけなぁ。
今年は健康体で年越しを迎えられそうで大変よろしい

前言を実現できるよう、明日はちゃんと温かい格好で行かなきゃね。
さて、そろそろ寝るか。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。