スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃すべき心のゆらぎ 

今日は会社の同期の面々と夕食。

前回行ったのは寮を出る数週間前だから、
本当に久しぶりだなぁという感じだった。
ついでに、前回同期とお酒を交えて騒いだのは、
もはやいつだったか思い出すこともできないw

急な仕事が多くて本来の仕事が進まず、体は少々お疲れ気味
(まぁ、引越先のベッドが硬く、疲れが抜けないのもあるけど)。
プライベートでもいろいろと思うところがあり、心労もたまり気味。
こんな風に、心身ともにやや疲れ気味であっても、
こういうところで楽しい時間を送ることにより、
また明日から頑張ろうという気持ちになれる。

秋葉原で大惨劇を起こして逮捕された男の言葉ではないが、
やっぱり結局は「人」なんだよなぁと思わずにはいられない。
私は生きているわけではなくて、
いろいろな人たちによって生かされているなぁ、ってね。
受身(≒ややネガティブ?)なニュアンスが全面的に出ているが、
それは決して誰も否定のできないものなのではないだろうか。
家族をはじめ、プライベートの友人、それと会社の同期、他の皆々様。
ホントに感謝してます。あざ~すw

以下、実験データの解析とか統計処理を行ったことのある人には、
すぐに納得してもらえると思うけれども;

短いタイムスケールで考えれば、
生きている以上は好調不調の波は誰にだって必ず出てくる。
でも、それも長いタイムスケールで考えることにより、
「何かどうでも良いことで思いつめてるなぁ」と思える程度のもの。
稀に突出したものもあるけれど、それもゆらぎのごとく消えるもの。

常に自分を客観的に見る事が必要。
という、この言葉はよく聞くけれど、私の頭のレベルでは理解できない
要は、自分のことも他人事のごとく軽く考えるいい加減さが、
大事なんだと言っているんだよね、きっと。

そんなことを考えた、本日の帰り道。

スポンサーサイト

足首リハビリ関係(続) 

この週末、フットサルをしていてまた捻挫をしてしまった。
今回はとにかく早く流水で冷やし、テーピングで仮固定もしたので、
まぁ1ヶ月もあれば回復するだろうと思っている。
以前書いた捻挫の応急処置の方法を実践した。

ところで、今日会社の診療所で足を見せたところ、
「もう内出血は止まっているから、今後は幹部を温めるように」と言われた。
気になってしょうがないので、その理由を調べてみた。

最初に結論だけ書くと、次の通りになります。
 ・冷やすのは、炎症を抑える最初の3日間
 ・温めるのは、回復を促進するための4日目以降
 ・お湯につけて痛くなければ、もう温める時期に入っていることが多い


以下、詳細は読みたい人だけ。
あるいは、一度でも理屈を知ることにより、
仮に忘れても記憶をたどってすぐに思い出すことができます。

続きを読む

音楽バックアップ 

iTunesの音楽を
Vistaのバックアップユーティリティでバックアップしようとが、
こんな画面が出てきちゃって実行できない。

Vistaバックアップエラー

普通にウィザードを使ってバックアップしようとしただけなのに。
これってバックアップユーティリティのバグだよなぁ。実に残念だ。。。
調べる気力もないので、VBScriptで自前のバックアップ用コードを組んで、
タスクスケジューラで定期的に動かすことにした。
ネットに公開できるようなものでもないので晒さないけど。

もし同じようなエラーで困った経験がある人、
どうすれば解決できるのか教えてください。

あーあ、Vistaになんてしなきゃ良かったよ。。。
orz

原油高を思う 

ニュースでイラク情勢のことをやってた。

戦争って、いろんな産業に需要をもたらすから、
国の経済を立て直すための手っ取り早い方法だよなぁ。
実際、戦後の日本の経済急成長だって、
朝鮮戦争の特需なしにはあったかすら分からない。

そのときに、
自分が持っている利権が高まるような場所を狙わせることで、
ぼろ儲けすることもできる。
中東を狙えば、原油価格が上がって、
それはそれは、簡単に大金を手に入れられるんだろうなぁ。

これ、911とそれに続く時代(いま)の話。
今の混乱も、陰謀説で語られているシナリオからの
当然の帰結だと私は思っているんで。

列強がああだこうだとか、帝国主義云々という歴史が、
一世紀を隔てて繰り返されているみたいだ。
100年の間で変わったのは、ごく少数の亡者の富のために
国内外に関係なく全世界の人々が搾取されている、ってこと。
時代は繰り返すとはよく言ったもんだわ。。。

以前に犯罪と金の話を書いたけれど、
カネがなきゃ生きていくためのインフラさえ使えない、
そんな日常に突入させられつつある昨今。
ホント、嫌な時代に生まれたもんだ。。。

Firefoxのバージョンを上げたら… 

Firefoxのバージョンを上げた。
その結果、某ブログの管理サイトが、
うまく動かなくなっちゃった

デスクトップPCに導入したばかりのFedoraのFirefoxでも
同じ感じでおかしくなっちゃってる。
なので、Windows VISTAのせいというわけではなさそう。

う~ん、どぅしょぅ。。。

う~ん…





まぁしょうがない。
しばらくはIEで頑張るか。

20%ルールを思う 

タイトルに書いたのは、
インターネット検索世界最大手の某企業のユニークな制度。
本当にすばらしいアイディアだよなぁ、と思う。
20%ルールを利用している間は、
働いてるのか遊んでるのか分からない状況になるんだろうけど、
働く者、特に技術者にとって、これに勝る幸せはないだろうね。

それを見ていて、就職活動のことを思い出した。
就職サイトで会社が掲げるフレーズには、
「社員は人財」ってのが結構良く使われている。
少なくとも、IT系の会社に関しては、もはや「決まり文句」って風だった。
今さらながら、社員を大事にするとか、人財とかって言葉に、
胡散臭さとか言葉の独り歩きといったものを感じるなぁ。
そういう言葉を敢えて強調する必要はあるのか??
もっと早く気付けよ!って突っ込みはご法度で。

ホント、スキルと見識を身につけなきゃね。
仕事で全く役に立たない事こそが重要。日々学ぶ。
ってことで、私的20%ルールを、より厳格に実施していきたいわ。
現状の勤労状況であれば、毎日120分(2時間)は時間を確保しよう。。

スカウトレジュメ?? 

就職する前からなんとなく登録してた某大手転職サイト。

将来的には東海地方に戻る。
これ、就活をはじめたときから思い描いてる人生の青写真。
なので、どんな会社があるのかを早いうちから知っとこうって魂胆。
自ら会社を作ろうなんてモチベーションは皆無だからw
もし、今の会社に所属したままで名古屋暮らしができるんなら、
それはそれでなんら問題ない話ではあるけれども、
世が世だけに、情報と選択肢は多いに越したことはないもんね。

閑話休題。
同サイトより、スカウトレジュメとかってメールが届いていた。
せっかくなので久々にサイトをのぞいてみた。
資格の部分を直しつつページをいろいろ見ていたら、
資格・職歴で釣れた企業の事が見えるようになっててびっくり。
で、資本金とか事業内容を見るだけでも会社の目星がつく。
そのうちの一社は、1人当たりの売上が1億円に届きそうな会社。
調べてみたら、院の友人が勤務している某シンクタンクだったw
羽田あたりでモノレールを走らせている会社も。何でだ???

また、売上高や従業員数も公開されているから、
理系人の性か、反射的に前者を後者で割ってみたり。。。
当然ながら見るに堪えない数字が出てくる会社もあるわけで、
中の人のことを思って一人凹んだ気分になったりもする。
自分は何も関係ないのに。

今の業界でそこそこの規模の仕事をしようと思ったら、
東京を離れることはできないことがわかってきた。
外資・国内企業関係なしで。海外進出なら話は別だけど。
ああ、デジタルゼネコン業界。
元請かそれに近い工程を担当しなければ面白い仕事はできない。
そんなの地方ではできるわけもない。あぁ、悩ましい。。。
なんて、求人情報を見つつ将来を案じてみるのもなかなか面白い。

……
いやはや、実にくだらないことに時間を使ってしまったらしい。
明日も仕事だし、今日はもう寝る。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。