スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省中 

風邪の症状も落ち着いてきました。
いつぞやのような、
寝正月ならぬ寝込み正月も
辛うじて回避できそうです。

本日夕刻より三が日にかけて、
ネット環境と携帯の電波状態が
非常に悪くなります故、
ご用のある方は携帯へお願いします。
知らない人は…
まあ何とかして下さいw

遅ればせながら、今年も一年間、
ありがとうございました。
では皆様、良いお年を
ヾ(^▽^)ノ

スポンサーサイト

体調いとわろし 

頭が痛い。身体だるい。
意識ここにあらずで、
何だかふわふわした感じ。
浮き足立つって、
恐らくこういうこと。。

体温が38℃超えたの、
何ヶ月ぶりだろ。
潰てもないのに
吐き気がしたのは何年振り?

明日朝、
体温が下がってなかったら、
とりあえず病院に行って、
そんで1日代休とります。
インフレじゃなきゃいいけど。

…今日は寝たいのだがしかし。
神経が高ぶってて眠れねぇorz

orbital period 

新しいアルバムを買っちゃった。
「今回のアルバムはヤバイよ」という
ダンデライオン氏の一言は、
私を衝動買いに走らせるには十分すぎでしたw。

mixi stationのログには出ている通り、
帰宅後ずっとかけてます。
まぁ、これを書いてる時点ではまだ一周目ですがw

曲はまだ聞き足りないので、
とりあえず「星の鳥」のブックレットの物語に関して。
ざっと通して読んで、
これまでのバンプのいろいろな曲が
頭の中でとっかえひっかえ流れ出した。
とりあえずは、話が進めば進むほど、
この曲で語られる物語と
混ざり合っていくことは間違いない。
で、肝心のアルバムの音とのリンクは…
…まだこれから。。。

一応、1周目でのざっくりとした印象だけ。
The Living Dead → jupiter → ユグドラシル、そして本作。
音とか詩の変遷を思うと、
私としてはこの流れはすごくしっくりくる。
ユグドラシルが好きな人だったら、
今度の作品はそれ以上に良い作品だと思うので、
迷ってる人は絶対に買った方がいいですw

SW結果 

本日正午が合格発表でした。
H19年度の秋期試験。
受験票の宛先(印字された住所と氏名)の書いてある紙に
受験番号とパスワードが書かれていますが、
このサイトで詳細結果を閲覧することができます。

ソフ開、あるいは高度区分を受けた皆様、
どうでしたか???

私の結果といいますと…

続きを読む

歯医者復活戦 

1、2ヶ月前より、
以前治療した左下奥歯に冷たいもの・熱いものがしみる。
ここ数週間、それがひどくなり、限界を感じてきたので、
寮の側の歯医者へ行ってきた。
歯医者通いが復活したのは、実に1年ぶり。

歯医者って、この年になっても行くのは本当に嫌。
痛みに関しては自業自得なので仕方がない。
切削器(?)の「キィ~~~ン」というかん高い動作音と、
歯と接した時に生じるモスキート音的な嫌な音、
自分のならいいが他の患者さんの治療音は聞きたくないw
それでも、歯科医が話しやすい人だったり、
歯科助手の人が綺麗な女性だったりすれば少しは気が紛れる。
今日行ったところは、まずまずだったんじゃないかなぁ。
歯科医は私の変な質問にもちゃんと説明してくれたし。
歯科助手は普通な人たちだったけど、それはそれでよろし。

何か良く分からなかったけれど、以前治療した歯の神経が、
炎症を起こしていたらしい。
ということで、麻酔後に詰め物をとって消炎剤を注射。
麻酔のおかげで治療時の痛みはほとんど無かった。
これが、ネットでよく見る「無痛治療」ってやつなんだなぁ。
次回行った時に、またこの詰め物をとると思うと気が引ける。
だって、麻酔をまた2度も3度もされるわけで、
その度に、注射の痛みと、歯茎の下の神経に異物が入るという
何とも形容しがたい感覚とが待ち受けているわけなので。。。

今は熱いものも冷たいものも、どっちも普通に食べられる。
美味しいものを食べるのが数少ない楽しみになっている昨今、
このことから得られる私の満足感は、
言葉ではとても説明できるものではない。
これって、今一時的に得られる満足感。
のへ宅でこそ読みした安田佳生の本の一節を思い出した。

次は、来週の金曜日。
忘年会シーズンだからだろう、業後でも簡単に予約できた。
予定は入れないようにして、残業もせず定時で帰る。
むしろ、フレックスを使って16時くらいに帰っても良いと思う。
今週に引き続き、来週もお寒い金曜日になるなぁw
まぁ、他の日に何かしますかね。

埼玉・おごせオリエンテーリング大会 

書き出し早々こんな事を書くのもアレだけど。
今回は本当にひどいレースだった。。。

まぁ、顔にコブができてるくらい身体が重いので、
足も当然めちゃくちゃ遅いんだけどね(苦笑)。
それ以上に、今回は下手すぎた。
体感的に1分を超えたと思われるミスレッグが7割弱。
おかげで巡航速度まで下がっている始末w

何でこんなに下手なのかを考えてみると、
最近、大会に参加できていないという事実に行き当たる
(今回の大会は、9月のCC7以来…)。。。
現役の頃と今を比較して一番違うのは、
何らかのレースへの参加頻度。
現役時代、最もよく走れていた頃は、
土曜の練習と日曜の大会とで、
月に8日はオリエンをしていた。慣れは大事。
しかしこの慣れ、4年で身につけたものだし、
1年半あればあせていくのも納得できる。

こんなところで不器用さを発揮するのは、
正直かなり情けないわけだが、
現状を打開するために大会参加頻度を上げなきゃ。
1月以降、4月までは月2レース走りたいね。
今月は…もう申し込める大会がない。。
orz

Paris Match 

最近のマイブームは、
Tsutayaでアーティストのアルバムをごっそり借りること。
仕事忙しくて他にお金を使う場所がないから…
というのは冗談だけど、忙しいのはホントの話。
おかげで少々疲れ気味。

そんな私の疲れを癒してくれるのが、
帰りの電車の中で聞いているParis Matchの音楽。
ヴォーカルの声が良い。
そして、聞いているだけで気持ちが良い音が揃っている。

ホントは、彼女らの音についてぐだぐだと書きたいところだけど、
ホントの事を言えば、一応書くだけ書いてはみたんだけど、
読み返してみたらあまりにお粗末だったので晒しませんw
それでも敢えて一言書くとすれば、
本当に多種多様な楽曲があるにもかかわらず、
全部の楽曲が不思議な一体感を共有している

ポップなナンバーに、ラウンジミュージック、ボサノバ、
ラテンな音、Jazzyな音、etc。全部が持ち合わせている。
抽象的で意味不明ですかね?元の文がお粗末だから仕方なしw
多分、先の「癒し」に大いに関係があるんじゃないかなぁ。

私同様、お疲れ気味の方にはぴったりだと思う。
テレビに出るミュージシャンの音ってどれも一緒じゃん!
と思っている人も、彼女らの音にはきっと満足できるのでは。
ただし、大人っぽい音を飽きずに楽しめない人には辛いかも。

あと、ビデオクリップやCDのジャケもぜひ!
リンクを貼りたかったけど、Youtubeやニコ動にはまだ無い…。。

祝!五輪出場決定 

もちろん、今を時めく野球の話。
感動しっぱなしだった。

ホントにすごいチームだった。韓国戦・台湾戦と、
まさにチーム一丸となっての勝利だったと思う。
特に印象的だったのは、
宮本の気迫のスライディングで幕が上がった
怒濤のタイムリーラッシュ。
土曜にもらった29型テレビの前で1人大騒ぎ!

台湾戦なんか、
相手のミスにつけ込んでの得点が7点も!
中日・阪神と監督を経験し、
数度のリーグ優勝を飾るも日本一に手の届かなかった
星野監督、この舞台ではちょっと違っていた。

これなら北京五輪の優勝も難しい話じゃないね。
いや、むしろ優勝は時間も問題でしょう!

若干残念だったのは、中継の…はぁ~。。
北京五輪のスタジオには、若干KYなあの人はいらね。
逆に、古田の解説はめちゃ良かった。さすが。
野球人気が下火になりつつある今だからこそ、
球界の救世主として解説者になって欲しいなぁ…。

今宵は良い夢が見えそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。