スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橙葉(とうよう) 

私の造語です。秋の「紅葉」に対比させてみました。ホントは「黄葉」にしたかったのですが、秋の銀杏の葉をさす言葉にもう取られちゃってた。。。この「橙葉」、春の杉の木に適用可。
秋の季節に見られるような、広葉樹林の葉の色が変わって、森林が赤やら黄色やらに染まっている状態。春の季節に見られるような、杉を初めとした針葉樹が花粉をたっぷり蓄え、森林がオレンジに染まって見える状態。この2つを並べてみるとどうか。色付いたものが飛ぶ距離が全然違う点、害の有無の点で全く違います。しかし、見た目はめっちゃそっくり!
何気に結構な自信作です、これ。昔は花粉症の人も少なくこういう言葉も受け入れられでしょうが、現在の日本ではそう簡単にはいかないでしょうかねぇ。しかし、どこかで流行ってほしい。…え、やっぱダメ??

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/103-ce582e70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。