スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足首リハビリ関係(続) 

この週末、フットサルをしていてまた捻挫をしてしまった。
今回はとにかく早く流水で冷やし、テーピングで仮固定もしたので、
まぁ1ヶ月もあれば回復するだろうと思っている。
以前書いた捻挫の応急処置の方法を実践した。

ところで、今日会社の診療所で足を見せたところ、
「もう内出血は止まっているから、今後は幹部を温めるように」と言われた。
気になってしょうがないので、その理由を調べてみた。

最初に結論だけ書くと、次の通りになります。
 ・冷やすのは、炎症を抑える最初の3日間
 ・温めるのは、回復を促進するための4日目以降
 ・お湯につけて痛くなければ、もう温める時期に入っていることが多い


以下、詳細は読みたい人だけ。
あるいは、一度でも理屈を知ることにより、
仮に忘れても記憶をたどってすぐに思い出すことができます。

まず、捻挫をした直後(急性期)に冷やす理由は、
以前は「腫れを抑える」と書きましたが、
患部の炎症を抑えるのが目的です。

そもそも炎症とは何ぞやといいますれば、
体内の血液が破損した箇所に集まることにより生じる現象です。
これは、回復のために絶対に必要なプロセスです。
では、炎症は必要なものなのに、なぜ抑える必要があるのか。
それは、必要以上の炎症はかえって回復を遅らせるからです。
温めることによって患部の代謝が活性化されます。
すると多くの血液が集まり、それにあわせて炎症がひどくなります。
炎症とは、大雑把に言ってしまえば血の塊のようなものという事ですが、
この炎症によって、捻挫の患部には血腫が形成されます。
皮膚でいう、かさぶたのようなものと考えればいいのではないでしょうか。

最初の数日間で冷やして炎症を抑えた後、
言い換えれば、症状が落ち着いてきてから(慢性期)は、
それまでとは逆に温めるようすることが望ましいです。
これは、温めて血流を良くする事によって代謝を高め、
炎症によって生じた血腫をすばやく引かせるため、
ということになります。

しかしながら、いつまでが急性期でいつからが慢性期なのか、
と言うのは我々素人目にはそうも簡単には分かりません。
必ず専門のドクターにかかることが大事です。

温める・冷やすと言ったら、湿布がすぐに頭に浮かぶ方も多いと思いますが、
薬局では「冷感」とか「温感」と銘打った湿布薬が売られています。
前者は、メントール・サリチル酸メチルが含まれるために冷たく感じるだけで、
実際に貼った場所の温度が下がっているわけではありません。
後者は、最近良く耳にする「カプサイシン」が含まれているために、
その刺激を「温かい」と謳っていることになります。
実際は、温かいというよりもヒリヒリする感覚なんでしょう、きっと。
カプサイシンたっぷりの唐辛子料理を食べると汗が噴出しますが、
これは血液中にカプサイシンの成分が入っていくからだと言われています。
したがって、温感湿布から血液中にカプサイシンが入り込むことがあれば、
温感湿布は本当に患部を温める効果が出てくる可能性もありますが、
湿布を貼っても体温は変わらないと言われています。

湿布の話は完全に蛇足的な内容でした。。。
最初に書いた結論を繰り返す形になりますが、敢えてもう一度書きます。
 ・捻挫の患部を冷やして温めるのは、理に適った方法である
 ・湿布薬を貼る際には、気分に合わせて温感・冷感を決めるべし

と言うことになります。


ここまで長々と読んでいただいた方、ありがとうございました。
明日から、積極的に活用していただければと思います。


参考サイト
・体と癒しの? - 第2回掲載:
 http://home1.tigers-net.com/~tf014621/page016.html
・self Doctor.net - ドクターQ&A:
 http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2000_10/daboku/08.html
・井尻整形外科:
 http://ijiri.jp/shinryo/soron/soron_18.htm
・ALLAbout - 温湿布と冷湿布の違いはナニ?:
 http://allabout.co.jp/health/backache/closeup/CU20040923A/index2.htm

スポンサーサイト

コメント

お大事に。

ねんざをした後の手当、理由を聞いて納得しました。
やはり、理由も併せて聞いていると、印象が違いますね。

まとめてコメント書きます。

捻挫後に温めるという話は、始めて聞かされたときには耳を疑いました。
でも、急性期と慢性期という風に区分けをすれば納得できる話だよね。

この話、賢者様はご存知でいらっしゃるのかなぁ?
そもそも、賢者様って誰???

賢者様はおそらくここを見ているかと思います。
ただ、どれぐらいのペースで見ているかは知りませんが。

正体は、、、

本人の降臨を待ちましょう(笑)

おkです。

何か想像ついたよwww

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/1207-07385ef0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。