スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海IC2005(試走) 

WOCの仕事がようやく完了。その勢いでこれも書く。。
まず、LapCenterにはないデータを置いときます;
ME+OMEWE+OWEMF+OMFWF+OWF

選手権クラスの試走なので、一応プレスタート。データを取るために、予めプランを申請してからスタートする。速く走れるかと思いきや、局面ごとに最も効率の良いルートを選択する事を、今回は封印せざるを得ないって事だから…はい、逆に悶絶する結果になっちゃったよ。。結局、スタート前から読んでても、スタート直後に初見であっても、出せるタイムは大して変わらないって事らしい。知らんかった。。
適度に雨が降っていたので、身体も暑くならず、激しく喉が渇くこともなかった。そして、田代・田折とは思えない爽やかなレースだった。
と、偉いことを言ってみましたが、頻繁に爆裂をかましてしまった。いや、3と8はまだ許せるとしても(それでも一箇所につき1:30はくそですが。。)、11はいかんですわ。見難い地形なので、歩測で道分岐を捉えるプラン。にも関わらず、非常に曖昧な歩数を元にとにかく走った結果、行くべき道分岐は全く気付くことなくスルーし、一つ東の藪い尾根に突っ込んで死亡。。暫し彷徨った後、道の傾斜変換でリロケート。その後はあっさりだったが、道走りで6分ものミスを出すなんてなぁ。ぬるい。ぬるすぎる。。
他の人のリザルトを見ると、京大関係者のミス率が二極化してます。また、選手権クラスは、ミス率が高い人が全体として多い。ついでに、CuriousOrienteer氏を筆頭に、ミス率の高い人は巡航速度が無駄に高いというオマケ付きwもちろん、そこには私自身も含まれますから!巡航97のミス率17%だ!ははは…!!(壊) orz
はい、来年もこういう展開になるとおもろいですな。東海地区の学生は、終始メンタルのコントロールに悩ませられるだろうけどね。。見てる方は楽しいので問題なし。このテレインのこのコースが、まさかこんな結果を生み出すなんてねぇ。。

☆2005年度東海インカレ
 ・OME(試走) 5.9km ↑350m 1:02:33(参考、2位相当)
  '05オリエン総計 4:56:57


←Please Click!

スポンサーサイト

コメント

ねぇ

Fのあわせたラップなんてないよね?
そこまでやってくれないよね?
みやけっち忙しいもんね?
きっと無理だよね?

新人コースラップ

ちょっと前まで寝てた。

激忙は確かだけど、そのくらいはできる。
新人2コースの解析も掲載しておきました。
確認をお願いします。

ありがと

やっぱりミス率が激しい。知りたかったのはそれだけなんです・・・。
S木さんすごいねぁ。

No problem

S木さん、2番はぞんび化してあのタイムになったそう。
2と最後の道走りでもうちょっと頑張っていれば、ミス率4%切りも。。。

新人コースでミス率が上がるのは、仕方がないかと
(女子の場合は尚更)。
そもそもラップ解析は、各レッグの上位3名の平均タイムを基準にして、
その相対値で様々なデータを評価するからね。
従って、このデータを鵜呑みにするのは賢明ではないかと。

しかし、5→6を飛ばしすぎて、
その後失速した事はよく分かるなぁw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/348-ae4a1586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。