スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(万歩)計時ルール 

万歩タイムのランキングのようなものを作る場合に、
そのタイムはどういうルールの下で計時されるべきなのだろうか。

これは、自分が2年で技術局をやってた頃、ランキングを作っていて、
その時以来、今日までずっとあやふやなままだった話。
一度T見と話をした程度で、そのまま闇に葬り去るところだった。
その時の結論は…もう忘れた。何だっけ??

ルールというのは、もちろん信号の待ち時間の話。
信号の待ち時間に、ストップウォッチを止めるか否か。
止めた場合は、その分だけ回復時間が生じ、得することになる。
自分の経験からすると、ペースが速ければ速いほど効果は大きい。
逆に止めない場合、もちろん待ち時間分の損をすることになる。

マラソン大会でもあるまいし、「計時」を考えること自体無意味かもしれない。
しかし、しっかりとしたガイドラインを定めるのは悪くなかろう。
このごろは万歩走が盛んみたいだが、みんなはどうしているんだろう?
私の場合は、面倒だから止まっている間も時計は止めない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/497-4bc6a327

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。