スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懲りることなく。。(長駄文) 

また飲んでしまった。。しかし、今日は無傷。
余裕すぎた。しかしまあこれが、普通でしょうが。
でもちょこっと頭痛かったりもする。

私が酒を飲むか酒に飲まれるかは、その場が決めるようだ。受動的。
でも、帰るのが面倒になり、今日は先輩宅にてお世話になってたりする。。

研究に訪れたO本さんと、多治見駅前のやぶれ傘という居酒屋へ。
料理の美味いことといったら、その辺の飲み屋は比較にならない。
2日前に大変な事をした経験を生かして、今日はかなり控えめに。
具体的には、生中を4杯と焼酎のお湯割りを5杯くらい。
テンションが上がったところで飲むのをやめ、トークに転じる。
これこそ、私の理想の飲み方!今後はこれを基本にしていこう。

飲みの最中でも研究関係の話が飛び交うのは、
さすがに研究室関係の飲み会!といったところだろうか。
ほろ酔い&無知な私でも、知らない世界を垣間見た気がする。
いい話もグロい話も出た。プロの世界だから、当然なわけだが。
そして、来年は大変になるけれど、私の選択は正しいと思えた。
高校・大学院と、いい師(せんせい)に巡り会えたとしみじみ思う。
輪廻転生って考えもあるが、私にとってたった一度の人生。
成功するかは分からないが、信じた道を突っ走らなきゃもったいない。
安定を求める気持ちもあるが、まだまだ伸びる。やるっきゃない!

また、飲み会内で何を話したって私はかまわないと思う。
飲んで頭が悪くなり、でも記憶は残っている時に出る話題こそが、
その人が心の底から話したいと思う話題だと思うわけだ。
「こういう場では…」と言って個人を遮りたがる人もいるが、
よほどひどく場を乱す場合を除き、そういう態度は良くない。
ストッパーが外れかかり、一人ブレーンストーミングができる、
そんな状態の人が集まり、所謂「真面目な」話をしたっていいさ。
そもそも、飲みトークにこの類の形容詞をつけて話をすること自体、
ナンセンスというか愚考だって事は言うに及ばず。

話が右往左往し過ぎだから、もう落とそうか。。
飲み会の連敗を避ける格好になったことに、私の大きな進歩が見られる!
しかし、私がY田と並んで飲むと、必ず大変な事態に陥る。2バカだ。
次回、もし忘年会に行くのであれば、この辺の対策を練る必要あり。
ああ、眠い。。明日も研究所に行かんとなあ。めんどいなぁぁ。。
暇人な文章をここまで読んでくれた皆様に、御礼申し上げ候。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/515-7ca87eca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。