スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会+鍋会 

昨日の日記の後の出来事、およびその雑感をつらつらと。

昨日の同窓会、風邪を引いている中だったのに、ついつい飲んでしまったよ。
生中を10杯ほど
風邪薬の副作用が怖いから、ちゃんぽんもしなかった。偉いぞ自分
それから、久々に同級生の面々と同窓会っぽくいろいろ話をした。
飲み会の間に何を話したか、ほとんどと言っていいほど記憶にない。
一番最後にTめぐ、T尻、S木にちょっと痛い話をさせられた事くらい。
痛かったけれど、その分収穫はあったわけでして、それはそれでよろし

風邪を理由に2次会を拒否り、家まで徒歩で帰る。
僅か10分の道程、冬の星空を見ながらのんびり歩くのも悪くないもんです。
その途中、YちゃんとY太と遭遇し、コンビニに行く事に。そこでの話は楽しかった。
汚れちゃった変わっちゃったのはどっちだ?周りか?自分の方か?
答えは明快なようで難しい。環境が人を変えるとは、よく言ったものだ。
飲み会であったとしても、その場で話した事を後で思い返して思考を巡らせる。
そういう習慣を持ってる人って、実はそんなに多くないのだろうか。
その意味で、同じ内容の話を言葉を変えて延々と繰り返す事を、私は好まない
昔はそんなこと、全然気にしなかったはずなのにね。。
それと、珍しいものを扱われる気分。「疎外感」を感じずにはいられなかった。
実のところ、2次会に行かなかったのは、体調ではなくてこっちの部分が主因。
まあ、こんなような鬱話。これに互いに深く共感し合ったってことです。
同じような気持ちの人が同窓生にいた事が分かった事が、何よりの収穫だった。
ああ、同窓会…
でも、次回も行く気満々地元に戻ってるわけだし、すぐに戻るよ。

その後帰宅。母方の実家。鍋会も終わりを迎えていた。
従兄弟が大手販売店に勤めている。就活をするかもしれない旨を伝え、
いろいろと面接に関する話を聞かせてもらった
するとまあ、裏話的なものが出てくること出てくること…
喩えていえば、雪が降った後に垂れ下がった竹を揺するようなもん
詳細は書くわけにはいかないが、エッセンスは次の2点に集約される。
 ・面接官はコンピュータではなく、生身の人間だ!
 ・受ける以上は、情熱を持って語れ!
実に簡単な事で、自分が面接官の立場になった時に「こいつはいい!」と思うような、
そういう受け答えができればいい、ただそれだけの事だってさ
受験と同様、就活はゲームだ!そういう楽な気持ちで行けば良さそう。
良いお年玉をいただきました。どうもありがとうございました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/606-ee9ab642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。