スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターンシップ 

agilentのインターンシップの案内。リクナビ箱に届いてた。

技術系の内容を見て思ったこと。
私ができそうなものと言えば、半田ごてで回路を作ることくらい。
でも、構成要素ごとの役割とかは全然分かってなかったりする。
この辺の、現場で使えるスキルが弱い点は、理学生だからだろうね。

もちろん、それだけではない。軽いカルチャーショックを受けた。
ここのインターンシップって、遊びに行くところですか??
ものを作って、実験して、考えて、レポートにまとめる。
これって、私にはものをいじくって遊ぶものだ、としか思えない。
「書類書いたり、交渉したり、etc.」っていうような、
私の定義するところの「仕事」が、内容の中に見当たらない

もちろん、テストや面接を突破しなきゃなりません。
多分、今の私が受けたところで、あっさり門前払いされるでしょう。

めちゃくちゃ生意気な事を書きました。でも、とっても素敵です

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/617-60d7a154

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。