スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Last Suzuka 

この週末が、鈴鹿でのF1の見納め。
来年からは富士スピードウェイに移る、F1GPの日本ラウンド。
日本在住のF1ファンとしては、アジアGPと題して鈴鹿でもやって欲しい。
2007年はもう無理だろうが、その先はまだまだこれから決まるわけだからさ。
来年は就職してお金もできるだろうし、見に行きたいと思う。

シューマッハ(兄)の引退は、本当に残念。
まだまだトップをとれる力はあるのに、とてももったいないと思う。
しかしものは考えよう。
普通、引退ってのは普通は周りに後押しされる形でなされるもの。
「まだ勝つか引退するか」という選択は、真の実力者にのみに与えられた権利だね。

また、オリエンをやる私にとって、今回のミハエルの引退の絵は、
WOC2004にて最高の結果を残して現役選手生活に幕を閉じた、
二人のオリエンティアと重なる。
この時も「一つの時代が終わるんだなぁ」としみじみと思ったんだっけね。

時間ってなんでも変えていく。人も、環境も、ホントに何もかもを。
それは、ものごとには必ず終わりがあるから。
成功失敗に関わらず、時が流れればその結果は現れる。
残酷だけどそれが現実。しかし、だからこそみんな頑張れるんだよね。
私も、残すところあと4ヶ月とちょっと、か。。


==
↓本文には関係ないけど、Kのフラッシュ。何か泣けちゃう。。
http://www.youtube.com/watch?v=THuD-BUHL_4&mode=related&search=

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/878-49bb3414

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。