スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゴヤドーム最終戦 

昨日の日記の「野球」の話。
TとN(高校の友人2名)と共に、ナゴヤドームで野球を見る事になっていたため、
野球が気になって気になって、試験の待ち時間の緊張が少し和らいだような。

ペナントレースの覇者が決まった直後から、急に野球中継がなくなった。
昨日の試合も例に漏れず、ラジオでもテレビでも中継されていなかったようだけど、
とても面白くて、そしていい試合だった。ああ、なんてもったいない事を!

しかも、この試合は、良い試合になるべくしてなったと思う。
中日は、この日がドームの最終ゲームだったのもあるけれど、
それ以上にバントの神様の引退試合だったので、負けるわけにはいかない。
横浜もこの日が牛島監督の最終試合だったので、やはり負けるわけにはいかない。
まさに、意地と意地のぶつかり合い。

2番サード川相。打席に立つ度に大きな歓声が起こる。
3回裏には、ツーベースヒットで出た荒木を、芸術的な送りバントで3塁へ導く。
送りバントの構えを見せると、まさに割れんばかりの歓声に包まれた。
荒木川相の作ったチャンスを逃さず、福留森野がタイムリーを打ち、簡単に逆転!
その後は1点を巡る緊迫したゲーム展開になった。

この日は、中日の選手がとにかくたくさん出た。
4回からは、エース川上が救援。
6回裏には、好投の川上に変えて、代打立浪
7回表には、井端の粋な計らいで、ショート川相
ピッチャーは、最年長ノーヒット・ノーランの山本昌にスイッチ。
8回表になると守備固め。ファーストに新井、レフト井上、センター藤井
今年のドーム最終ゲームの最終回には、レフトに英智
いや、ホントに豪華な試合だった。そして、勝ってくれてよかった!

試合終了後には、セレモニーがいろいと。
まずは牛島監督の退任セレモニー。オレ流監督が花束を渡していた。
横浜ファンのみならず、中日ファンからも大きな牛島コール。

そして、川相の引退セレモニー。
守り勝つ野球で今や常勝軍団となったドラゴンズ
この選手の貢献なくして、チームの躍進はあり得なかっただろう。
インタビューでは、日本シリーズを最後の舞台にする、と言っていたけれど、
家族がいる東京で開催されるアジアシリーズを最後の舞台にして欲しい。

次は、オレ流監督のシーズン終了の挨拶。
この挨拶の冒頭に「今日は泣きません」なんて言って笑いを取ってたけど、
日本シリーズを勝った後はきっと……

そして、ペナント授与式、中日クラウン賞発表、花火、と続いた。
中日クラウン賞の最優秀選手岩瀬のインタビュー、
「シンジラレナ~イ!」なんて言うなんて「シンジラレナ~イ!」
こうして、今年のペナントレースのドーム最終試合は終わった。

去年もドーム最終試合を見に行ったけれど、
優勝と2位ではやることがこんなに違うものなのか!と驚いた。
来年、関東配属になちゃうと、ナゴヤドームに来られる機会は激減してしまう。
ま、その時は東京ドーム神宮球場横浜スタジアムに行こう。

日本シリーズ開幕まであと5日!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ontheway.blog2.fc2.com/tb.php/891-b33b2f42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。